How to wear


What will be your concerns
if you go to geta-shop and buy GETA?

日本人の方へ サイズについて
下駄サイズにつきましては、一番下の方に日本語で書いておりますので、そこ必ずごらんください。

The international shoe size

reference website http://www.musonix.demon.co.uk/veganline/shoe-sizes.htm
UK

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

European

34

35.3

36.75

38

39.25

40.5

42

43.25

44.6

46

47.25

48

US male

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

US female

4

5

6

7

8

9

10

11

12

.

.

.

Mexico

4.5

5.5

6.5

7.5

8.5

9.5

10.5

11.5

12.5

inches

8 3/8

8 6/8

9 1/16

9 7/16

9 13/16

10 2/16

10 1/2

10 7/8

11 3/16

11 9/16

11 7/8

.

cm

21.4

22.4

22.9

23.8

24.9

25.7

26.6

27.6

28.3

29.3

30.1

.

When you place an order for geta, please tell me the following details.
shoe size:
height:
weight:
your age:
country:

Your shoe size and height etc serves as a good reference.
E-m@il JOJO.

 


Geta size

We have geta sizes
from 5.3" (13.5 cm) up to 11.8" (30 cm).
Geta size is diffrent from shoe size.
Geta change their size every about 1.5cm.
It result in Japanese traditional measure.

What is your real foot size? 
Generally it is believed that foot size is equal to shoe size.
But foot size is smaller than shoe size.

If your foot size is US male 10, Jojo recommend 27cm-geta to you.

 

Japanese
traditional
measure
geta size
centimeter
inches
age

1

4寸5分

13.5cm

0.394 x 13.5 = 5.3 inches

1year old〜

2

5寸

15

0.394 x = 5.9 inches

2〜3year old

3

5寸5分

16.5

0.394 x 16.5 = 6.5 inches

3〜4year old

4

6寸

18

0.394 x 18 = 7.1 inches

5year old

5

6寸5分

19.5

0.394 x 19.5 = 7.7 inches

6year old

6

7寸

21

0.394 x x 21 = 8.3 inches

7,8,9 year old

7

7寸7分

23

0.394 x 23 = 9.062 inches

adult (M)

8

8寸

24

0.394 x 24 = 9.456 inches

adult (L)

9

8寸5分

25.5

0.394 x 25.5 = 10.047 inches

adult (LL)

10

9寸

27

0.394 x 27 = 10.638 inches

adult (LLL)

11

9寸5分

28.5

0.394 x 28.5 = 11.229 inches

adult (LLLL)

12

1尺

30

0.394 x x 30 = 11.82 inches

adult (LLLLL)

Linear measure
meter
centimeter
foot
inch

0.0254

2.54

0.083

1 inch

0.3048

30.48

1 foot

12

0.01

1 cm

0.0328

0.394

 


How to buy geta

1. A specialty store is good.
like Geta-shop AKAI-HANAO-NO-JOJO
   

2. About hanao, a soft material for a skin is good.

 


How to wear geta

Which do you think is the best fit
among thease three pictures?


Do you think No.1 GETA is a little too big?
Do you think No.2 GETA is just fit?
Do you think No.3 GETA is a little too small?

It is believed No.3 is just fit in Japan.
But there is no rule to wear, everything is OK!
日本ではNo.3が粋(iki)であるといわれています。
The word "iki" means the same as "kakko-ii" which is
Japanese word for "stylish" or "fashionable"!!!!!
 

For example
my shoe size is 25 - 25.5cm
my foot size is 23.5cm-24cm.
my geta size is 23cm-24cm
my
tabi size is 25 - 25.5cm


日本人の方へ サイズについて 必ずお読みください。
靴のサイズは知ってはいるが、下駄のサイズは知らないというのがほとんどではないでしょうか?下駄は日本の伝統的独創的はきものであるにもかかわらず、現代の日本人は下駄をはく機会が非常に少なくなり、また、町の下駄屋さんも少なくなり、下駄の情報がうまく伝わっていないと思われます。これは重要なことと思われますので、取り上げました。皆様の下駄選びの一助となれば幸いと存じます。

下駄と靴の違い
世界的規模で見るならば、下駄は暖かい地方で生まれ、靴は寒い地方で生まれました。下駄は開放型のはきもので、足は鼻緒と呼ばれる紐で固定されます。日本の風土のような高温多雨のところではきもちいい履物ですし、泥道にも向いています。それに対して靴は足を包み込む形をしていて、歩行の機敏性や足の保護を目的としています。 下駄と靴はお互いに同じはきものでありながら、その進化は全く違う過程をたどっています。同じ土俵で靴と下駄を理解することがそもそもの混乱する原因なのです。

サイズ全般について
現代におきましては、1. 靴のサイズ2. 実際の足のサイズ3. 下駄のサイズが混同され、理解されている傾向があります。まず、以下の画像をごらんになり、これらは全く別々のものであることをご理解し、また、すっきりさせてください。

1. 靴のサイズと 2. 実際の足のサイズ

3. 下駄のサイズ

どうでしょう?
この画像はおわかりになりましたでしょうか?

1 靴のサイズについて(包み込むはきもの)
靴のサイズとは、メーカーにもよりますが、靴の中側の端から端までの長さをいうようです。しかし、ほとんどの方は実際の足のサイズより、多少余裕のある大きいサイズの靴をはいていると思います。ピッタリした靴だと指が当って痛い場合もあります(最近、若い女性に外反拇趾が多いです)。目的、甲の高さ、足の巾、その他症例により、靴サイズ選びは人それぞれでしょう。日本人は生活の中で主に靴を履きますから、自分の靴のサイズはよく覚えています。いつの間にか靴のサイズが足のサイズと思ってしまうのでしょう。

2 実際の足のサイズについて(素足)
多くの方は靴のサイズが足のサイズと思っておられますが、上図のように、実際の足のサイズは靴のサイズより1センチ〜1.5センチくらい小さいはずです。ときどき、自分の素足をものさしで計ってみましょう。また、単なる長さだけでなく、足の形状も普段から観察してみましょう。時間帯により、足のむくみもあるようです。

実際の足の長さは靴サイズより少し小さい

3 下駄のサイズについて(開放的はきもの)
下駄のサイズとは、単純明解、下駄の長さをいいます。
自分に合った下駄サイズは素足である実際の足のサイズを元に選びます。

3段階に分ければ、だいたい、皆さん、better か、best のところを選んでいるようです。
一般的には靴のサイズより多少小さめのサイズを選んでいるようです。人それぞれです。
better がいいように見えますが、better の下駄のかかと部分は少し余分なような気がしませんか?bestの状態が無駄なく軽やかに歩けるような気がします。
例えば、同じサイズの靴と下駄を並べてみましょう。下駄はずいぶん大きく感じます。25.5センチの靴の方であれば、24センチの下駄でよろしいのではないでしょうか?

下駄のサイズ (日本の伝統的サイズ)
さて、下駄サイズにつきましては、13.5から30センチまであり、下駄屋では一般的に以下の通りとなります。
下駄サイズは日本では伝統的に1.5センチ(尺貫法5分)づつ変化します。<<---- 重要、覚えましょう。

下駄のサイズ表

子供下駄
13.5センチ(4寸5分)誕生履き 1〜2才 <<---------- 作っているところは珍しいです。
15センチ(5寸)誕生履き 2〜3才(歩き始めて初めて履く小さいサイズの下駄なので誕生履き下駄と呼ばれています)
16.5センチ(5寸5分) 3〜4才
18センチ(6寸) 5才
19.5センチ(6寸5分) 6才〜7才
21センチ(7寸) 小学校2・3年〜小学校高学年
大人下駄
22.5センチ(7寸5分)<<---------- ※このサイズはありません。飛び越えて23センチとなる。
23センチ(7寸7分)小学校高学年、剣道少年、男性S、女性普通判M
24センチ(8寸)男性普通判M、女性大判L
25.5センチ(8寸5分)男性大判L、女性特大LL
27センチ(9寸)外人、男性特大LL  <<----------  作っているところは少ないです。
28.5センチ(9寸5分)プロレスラー級、外人  <<----------  作っているところはほとんどないです。特注品。
30センチ(1尺)力士、プロレスラー級、外人、  <<----------  作っているところはほとんどないです。特注品。

※上記の下駄のサイズの他に、下駄は男物、女物によって巾が違います。男物は巾広く、女物は巾が狭いです。
下駄のサイズはメーカーにより必ずしも厳密ではありません。また特注で22や22.5センチの規格外を作ってくれるメーカーもあります。

まず、おやっ?と思われるかもしれませんが、1.5センチ(5分)づつ変化するはずなのに22.5センチがありません。これは昔から、成長した女性の標準は23センチが多かったため、22.5センチを飛び越えて、23センチ(7寸7分)にしたのです。22.5センチ(7寸5分)は中途半端なサイズなのでしょう。(メーカーにより、サイズは2-3ミリ誤差あり)

以上のように、1.5センチづつ変化する下駄サイズになった理由は二つ考えられます。

1.経済的理由 = 生産販売の効率化
製作側からすれば、靴のように5ミリづつ変化することはサイズ数が多くなり、製作上不経済と言えます。尺貫法5分(1.5センチ)が適当だったのでしょう。また、特に大きいサイズも、不経済であまり製作されていません。

2.下駄の特性 = 開放的はきもの
よくよく考えてみれば、下駄は靴と違い、開放的なはきもののため、基本的には足が台の上に乗っていればよく、特に履き方サイズについて、これという決まりはありません。靴とは根本的にコンセプトが違うのです。5ミリづつ変化する必要はありません。おおざっぱなサイズでよかったのでしょう。

現在、市販されている下駄のサイズについて
現在、大人用下駄は以下のサイズが一般的に市販されております。
女性の場合、23センチ(7寸7分)・24センチ(8寸)・25.5センチ(8寸5分)
男性の場合、24センチ(8寸)・25.5センチ(8寸5分)・27センチ(9寸)

以上のように精緻にサイズを表示しているところは少ないです。
単に、普通判大判特大か、M・L・LLと表示しているのがほとんどです。
こういった区別はお店によって、サイズが違う場合があります。

 

以上、サイズについて基本を述べました。おわかりになったでしょうか?
以上で十分と思いますが、さらに詳しく知りたい方は、以下の情報もごらんください。

 

補足


一息

下駄を販売されているところでも、下駄サイズと靴サイズは混同している場合があります。「この下駄のサイズは?」と聞くと、販売員は、「M・L・LL 」と答えたりします。「靴でいえば26-27センチくらいかな?」とおおざっぱに靴サイズで答えたりします。そもそも販売員も下駄サイズを知らない場合もあります。「あなたならこのサイズでいいよ」と、販売員の説明でとんとん拍子で買ったりします。確かにM・L・LL 表示は販売には便利です。しかし、なぜ、販売員はこのような言い方をするのでしょう?買ったあと自分の下駄サイズが記憶に残らないのはなぜでしょう?それはこうではないかと思います。日本では靴社会が優勢ですが、日本には靴サイズとは違う別な伝統的「下駄サイズ」というものが存在します。サイズ的考えを統一しないと混乱がでてくるのではないでしょうか?普段はきなれている靴を中心としたサイズ的考え方が主流になってきたのでしょう。 今は、下駄も靴と一緒に一把からげて販売されるようになっている時代ですから。

しかし、下駄を買うのにこれでは今一つしっくりといきません。この場合、もう少し突っ込んで、下駄の長さの実寸は?あるいは、何センチですか?とたずねるべきです。そして、ものさしで計ってもらいます。いろいろ計れば、だいたい、23センチ(7寸7分)、24センチ(8寸)、25.5センチ(8寸5分)、27センチ(9寸)あたりがあるはずです。これが下駄サイズです。(メーカーにより、サイズは微妙に違い、24.5 や 25センチである場合もあります)そうすると、話をしているうちに、自分の下駄サイズは靴サイズと同じではなく、靴サイズより少し小さめのがいいらしいというのがわかってきます。この場合、お店側はものさしを常備し、ていねい明確にお客様の疑問に答なければなりません。めんどくさがってはいけません。試し履きの下駄台があるといいですね。わたしなどは携帯のメジャーをいつも持ち歩いている。

ネットでも、下駄サイズを靴サイズのみで表示している専門店ではないサイトがありますが、これでは全くわかりません。不明なときは、実寸(端から端までの長さ)を問い合わせてみましょう。巾や高さも聞いてみましょう。

サイズ選びについて
下駄は、開放的なはきもののであること、1.5センチづつ変化すること、靴とはコンセプトが違うことは上記で述べました。

それでは、実際、下駄のサイズはどう選んだらいいのでしょう?
当店の結論:これという決まりはありません。^_^

上の動く画像は実際の足のサイズと下駄の関係を表示したものです。
3段階に分ければ、だいたい、皆さん、better か、best のところを選んでいるようです。
一般的には靴のサイズより多少小さめのサイズを選んでいるようです。人それぞれです。
大きいサイズを売っていないため、ベストの状態で履いている人もいます。
むしろ、はみだしは粋なはきかたと見る方もいます。
私見ですが、better がいいように見えますが、better のかかと部分は少し必要がないような気がします。でも、best じや、かかとが痛いという人もいるかもしれません。

昔は一足の下駄を兄弟で共有しておりました。日本人はかかとのはみだしはあまり気にしないようです。最近の若い方はサイズを気にするようです。外国人はかかとのはみだしを嫌う人が多いです。

靴のサイズの目安だけでなく、性別、身長、体重、体格、用途など総合的に見てどうなのか?かっこいいか?下駄に負けていないか?女性は足下を小さく見せた方がよいのか?履き方は人それぞれ違いますが、若い人、インターナショナル性を考えれば、ファッション性ということが今後の大きな履き方のポイントとなることでしょう。日本では下駄文化が一度傾きかけたわけですから、もう一度新しい装い方を構築していかなければなりません。

あまり気にすることはありません。日本の下駄メーカーが日本人の体型に合わせて、標準的なところのサイズを作っているのですから。最近は、昔の日本人の体格より大きくなっていますので、MからLへの傾向はあるようです。

目安(花緒の加減にもよります)

下駄サイズ

男性

男性靴のサイズ (cm)

女性 (cm)

女性靴のサイズ (cm)

子供下駄 
靴サイズより多少大きめをおすすめしております。

23センチ(7寸7分)

男性 S

女性 普通判 M 

21-25

24センチ(8寸)

男性 普通判 M 

23-26

女性 大判 L 

23-26

25.5センチ(8寸5分)

男性 大判 L 

26-28

女性 特大 LL

25-27

27センチ(9寸)

男性 特大 LL

27-29

28.5センチ(9寸5分)

男性  超特大LLL

相撲取り、プロレスラー級
下駄の大きさに負けない体格をお持ちの方。

30センチ(1尺)

男性 超超特大 LLLL

相撲取り、プロレスラー級
下駄の大きさに負けない体格をお持ちの方。

以上のように、下駄サイズは、大ざっぱであることがわかります。

さらに、以上の説明でわからない方、アドバイスされたい方は、以下のサイズ情報をコピーし、メールにペーストし、お問合せください。
E-m@il JOJO

サイズ情報
ハンドルネーム =
県名 =
靴のサイズ =
実際の足のサイズ = わからない など
身長 =
体重 = kg さしさわりなければ
体格 = やせ型 普通 がっちり ふくよか など

甲の高さ = 普通 高い 低い わからない など
足の巾 = 細い 普通 広い 非常に広い わからない など
年令 = 代
主な使用目的 =
その他 全般=

下駄の巾について
下駄と靴を並べて見た場合、「下駄って大きいな〜」と感じたことはないでしょうか?特に男性用の下駄は巾があり、角張っているため、よけい大きく感じます。靴感覚で同じサイズを選びますと、ずいぶん大きく感じます。女性用の下駄は巾細となっておりますが、男性用下駄は細いのから広いのまでいろいろあります。特に巾の広い男性用の二つ歯下駄は同じサイズの下駄でも大きく感じます。この下駄の巾というものも非常に重要な点だと思います。上記、下駄のサイズ(長さ)のみに焦点を当てて述べておりましたので、注意しましょう。

下駄の角について
女性用下駄は角が男性用と比べてやや丸くなっております。これは下駄を小さく、またかわいらしく見せます。

下駄の種類について
私もわかりません。何千種でしょうか?数えきれません。一本歯や、三枚歯、歯なし、ムカデのようなもの、標準的二つ歯から奇怪な形まで様々な下駄があり、博物館まであります。上記で述べたサイズ選びは一般的基本と解釈してください。

参考
私は下駄は複数足持っています。サイズは主に23と24センチをはいております。あまり大きい下駄は好みません。狭い仕事場の中でも活動的に動けるからです。大きいとどうしても動きづらくなります。外の散歩などではゆったりと歩きたいときは、24サイズを履いて開放感を味わう。でも25.5センチは大きい。自分の下駄については、ファッション性は考えたことがない。

性別 = 男性
靴のサイズ = 通常25.5センチ、冬の長靴は26センチ(厚めの靴下をはくため)。
       厳寒の冬の仕事場ではXL28センチの長靴(厚めの靴下を重ね着してあったか〜い)
実際の足のサイズ = 約24センチ
身長 = 163センチ
体重 = 55kg
体格 = やせ型 
甲の高さ = 普通
足の巾 = 前部の指のところの巾が広い。
その他 =
マラソンのときは指のところがこすれてマメができる場合が多く、困っている。五本指の靴下を履いたらマラソンでのマメがなくなった。
マラソンのせいか、足が昔より成長しているような気がする。昔の靴24.5〜25センチは小さくて痛い。
シューズは巾広のものを好む。
日本足袋は靴と同じサイズと考えている。
日本足袋は私の足には合わないようです(指がいたくなる)。大きい足袋を履いても痛くなる。五本指の靴下を履いたら直った。

じょじょさんは、こんな足をしているのだ!


KARANKORON HOME

Japanese

English


  
Do you know the Japanese word "KARANKORON"? It's an integral part of the geta. Without it, they are not real geta!
このホームページに掲載されている記事、写真、イラストの無断転載を禁じます。詳細はこちらを御覧ください
Copyright (C) 2004 Akaihanaonojojo. All Rights Reserved.
This page last updated 1/21/2004