BANZAIUSA
TRANSLATION OFFICE


Skating Geta


    

上の写真はスケートの刃の部分を作っているところ。昔は鍛冶屋で作られていた。

Skating Geta
This was a Japanese revolutionary idea that, when it was first invented over a hundred years ago, became very popular and was the heart of winter play.
In times past, when all Japanese wore geta as their shoe style, winter snow skiing and ice-skating were not well known or popular. Then some Japanese got the idea of putting blades on the bottom of geta and using them as ice skates. This was cheap and easy to do and also playing in the streets then was safe so it became very popular among children. Very quickly it became the main form of winter play. They would use ice skating geta to have races and see who could go the farthest as well as build mounds to jump over. Sometimes they would water the jumping area one day before so it would become ice overnight. The people even held championships from all over town and competed with each other. Ice skating geta were also used for doing daily chores like shopping. Most people would wear the geta with socks, or "tabi" a special Japanese style sock, but sometimes would skate with nothing on their feet except the geta. After they became cold they would get near some heat and warm up. Their feet would become very red and their toes would get frostbitten and itchy. But the skating was so much fun they would keep going. Those were fun times for the people but times have changed a lot and the streets are so busy with traffic now that it is not safe for this kind of play anymore.

昔、下駄は遊びの原点だった。
日本人が皆下駄を履いていたころ、本格的スキーやスケートがまだ十分に普及していなかったころ、日本人は下駄にスケートの刃をつけて遊ぶという画期的アイデアを考えた。安価で、気軽に道路端で遊べるこの下駄スケートはたちまち子供たちの人気を博し、一躍冬の遊びの主流となった。あるときは、線を引いて皆でどのくらい遠くまですべれるかを競った。坂にジャンプ台を作ってどこまで飛べるか競った。ジャンプ台は前の日に水をまいてカチカチに凍らせておくという念の入れようだった。人数が多く集まると町内一周の競走が始った。近所のお使いにも下駄スケートを履いて行く者もいた。普通、足袋や靴下を履いてすべったが、直接はだしですべる者もいた。すべっているうちに足が冷たくなって痛くなるとストーブで足を暖めた。足が真っ赤になって、しもやけになり、かゆくなった。それでもすべった、あきなかった、楽しかった、この下駄スケート。いつの頃か時代が移り、交通量も多くなり、今は、下駄スケートで遊んでいる者など全く見ることはない


The origins of the ice skating geta.
 The origins of the ice skating geta is traced back to a man named Inazo Nitobe. He was famous for many things and was from Morioka, Iwate Prefecture which is a wonderful twist of fate, I think. In 1891 (Meiji 24) when he was a teacher of Sapporo Agricultural School, he brought back home some ice skating shoes from a trip to Germany. Even though these were western style shoes, the blades were easily fixed to geta. Students and others became
fascinated with this geta modification and the new form of play it offered.
Then, in 1900, in Suwa district of Nagano Prefecture, this new sport became
really big and popular. They did some experimenting with blade materials and used iron as well as bamboo blades. Soon the ice skating geta boomed all over Japan. Following this the ice skating geta was developed in unique ways and styles in different areas. In Morioka, it became popular to follow in the tracks of sleighs because the snow became very packed and hard. There were basically two types of ice skating geta developed, the Tako and the Makure. The Tako was for beginners and the Makure was for more advanced skaters. Some people provided their own blades that they had designed and made at local blacksmithユs shops. It is an interesting note that Inazo Nitobe is the man pictured on the Japanese 5000 yen bill.

下駄スケートのルーツ
下駄スケートのルーツをさぐっていくとなぜか新渡戸稲造につきあたる。新渡戸稲造は盛岡出身であり、何か因縁めいたものを感じる。1991年(明治24年)札幌農学校の教官、新渡戸稲造がドイツより持ち帰ったスケートに端を発する。それは靴のサイズに合わせて着脱可能な靴スケート(機械スケート)あった。関心を持った学生や市民がスケートを楽しんだという。1900年代始め、長野県諏訪地方にこのスポーツが入ると、下駄に鉄や竹の刃をつけ下駄スケートが爆発的に大流行。日本全国で下駄スケートはブームとなり、その後各地に広まった下駄スケートは独自の発展形態をたどる。


For the younger generation
Have you ever heard about the Ice Skating Geta?
A long time ago most Japanese children were playing this game but today,
most young people donユt know anything about this sport and many canユt believe it ever happened. Speed skating was the main activity and they used to use a style called a メflap skateモ because the rear of the blade was not attached to the bottom of the geta. It just flapped. This was a revolutionary idea and from a time long past.

君たちは下駄スケートというのを知っているだろうか?
あの幻の下駄スケートが40年の時をへて盛岡に帰ってきました。昔は、ほとんどの子供たちがこの下駄スケートで遊びました。今の若い人からすれば全く知らないか、ほとんど信じられないという代物でしょう。いま主流のフラップスケートの前身とも言える画期的なものなのです


How to play geta skating.
1) Never play in the street.
2) Put on socks, or tabi so you do not get frostbitten which is very
painful.
3) Remember, itユs very easy to slip so start little by little until you
become more sure and can stand better. Keep practicing.
4) This is done best on frozen snow, not ice or soft snow piles. You want
hard snow.
5) Sometimes blades get rusty so after using them itユs a good idea to dry the blades with a cloth. 

下駄スケートの遊び方
1) 車の通る道路では絶対に遊ばないこと。
2) しもやけにならないように足袋をはきましょう。
3)すべり方は基本的には簡単。パタパタと助走をつけて走り、そしてスーとすべり、それを何回もくり返してすべるというもの。
4) 氷の上は適しません。またつもった雪の中をすべるものでもありません。凍った雪面(固まった雪面)に向いています。
5) スケートの刃がさびる場合がありますので、すべったあとは布でふいて乾燥させておきましょう。

 


下駄スケートの遊び方のパンフレットも配付しています。


下駄スケートの質問 A questionnair for snow skate geta  南部桐下駄保存会

handle Name 
e-m@ilがあったら

あなたは下駄スケートで遊んだことがありますか? Heve you ever wore snow skate geta?
Yes No

man woman 

この下駄スケートのご感想  What do you think ot the snow skate geta?

 
ご記入後送信ボタンを押してください。ありがとうございました

 


下駄スケートのよくある質問

スケート場で滑べることはできますか?

当地盛岡の下駄スケートは氷の上で滑るスケートではありません。刃が四角い角柱のエッジでできており、固めの雪の上を滑ります。刃が氷用にできておりませんので、氷上は横滑りをすると思います。また、スケート場で滑ると氷を傷つけます。氷のはった田んぼ、湖等の公共でないところであればよろしいかと思います。

お値段はおいくらですか?

値段が高く、採算が合わない商品です。ページ上ではお値段は公表しておりません。南部桐下駄保存会製作で、商品というよりも、昔、冬はこういうもので皆遊んでいたのだということを後世に残す目的のものです。しかしながら、製作はご注文があれば、すぐお作りしております。飾り物ではなく、実際の使用に耐えうる、本物です。数ある生きている下駄の中でも超珍品と言える貴重なものでしょう。現在、日本全国の下駄屋さんで市販されている下駄スケートをさがすのは難しいと思われます。

下駄スケートの爪掛を普通の下駄に取り付けることはできますか?

当店の下駄スケート用爪掛は釘で打ち付け、固定するものです。普通の下駄に取付けはできますが、着脱は容易ではありません。一般的に市販されている爪掛とは違います。 

 

Japanese

English


  


- 必要な人に、必要な時に、無駄なく翻訳文を提供する便利な省エネトランジスタ翻訳サイト -

英訳、日訳。海外通販、決済の方法。トラブル・・・


このホームページに掲載されている記事、写真、イラストの無断転載を禁じます。詳細はこちらを御覧ください
Copyright (C) 2004 Akaihanaonojojo. All Rights Reserved.
This page last updated 2/17/2005